HOME > 青少年育成運動 > 大人が変われば子どもも変わる運動
この運動を提唱するに至った背景には、凶悪な犯罪の発生や問題行動の多様化など、これまでになく新しい様相を示すようになった青少年の問題行動があります。これらの問題には対症療法を施すのではなく、青少年育成の原点に立ち返った取り組みを進めていかなくてはならないと考えます。
 
戦後、わが国は豊かで自由な社会をつくり出し、私どもは、それを享受して参りました。しかし、その一方で、物やお金重視、利己主義や享楽的な風潮が社会に広がり、社会全体の規範意識が低下してきたことも否定できません。
「子どもは、社会を写す鏡」といいますが、大人自身の生き方とその大人がつくり出した社会のあり方が、子どもの心に歪みを与え、今日の青少年をめぐる深刻な問題が生まれていると考えられます。
 
このような状況の中、必要なことは、親や大人が自分自身を見直し、自らの生きる姿が、子どもたちの目にどのように写り、その心の成長にどのような影響を 与えているかを考え、姿勢を正していくことであるとの認識の下、「大人が変われば、子どもも変わる」をスローガンに掲げ、青少年の心を育てる大人の輪を広げる運動を推進しています。

その内容は、次の3つの取り組みです。
 
1.大人自身が変わらなければ"と気づき行動することを呼びかける啓発活動

2.『地域の子どもは、地域で守り育てる』を合言葉に、子どもたちを温かく
見守り支える「地域のおじさん、おばさん運動」の推進

3.これからの時代に求められるモラルや人の生き方などについて協議し、
その普及を目指す活動
 
この運動を地域に根づいたものとするためには、それぞれの地域や団体が「大人のどこを、どのように変えるのか」等について話し合いを重ね、その気づきの中から独自の実践目標をつくり上げていただくことが大切です。